2015年03月31日

平成26年度事業報告

 平成26年度の日本経済は、金融緩和が継続され、為替安や株高、原油安が上場企業等の好業績を支えました。国内における公共投資はやや引き締められたものの、交通系インフラ整備の好影響が実感される中、地域経済への建設事業の重要性が再認識されたものと考えられます。一方、厚木市においては、市立病院の新病棟が平成27年3月にオープンし、市民の生命を守る最新の設備が導入されるほか、国道412号と県道60号厚木清川を連絡する横林上飯山線が開通し、狭隘な既存市道に替わる一級市道として、地域をつなぐ役割が期待されています。また、本厚木駅南口地区市街地再開発事業に伴う都市計画素案が示される中、厚木市のにぎわい再生に向けて市民や事業者の衆知を集め、自らの生活や事業活動にとって真に価値のあるまちづくりについて更に考えていくべき1年となりました。
 このような状況のもと、平成26年度において、当協会では、厚木市における公共事業の進め方や、入札制度・積算等の内容について理解を深め、工事の円滑な施工に役立てるとともに、当協会の会員が、今後とも引き続き適正な施工能力を提供していく上で、技術力・経営力の向上に役立てるべく、行政との懇談の場を設けました。また、厚木市の地域を守り、社会インフラの整備を担う建設業界の声に対して耳を傾けていただくため、厚木市議会議員の先生方との懇談を行い、あるべき建設業界の姿を模索するよう努めました。そして、平成26年2月の大雪を教訓として、平成26年度は、台風発生時の交通規制や倒木等の処理に協力するほか、全会員が一致協力して担当路線を検討し、厚木管工事業協同組合や厚木市造園業協会との合同による除雪体制を確立しました。
 その他、『相模川クリーンキャンペーン』や『早朝清掃』などの清掃活動に参加するほか、『地域巡回パトロール』では、市内の道路・河川等、補修の必要な箇所や危険な箇所を調査し、厚木市に95箇所の提案を致しました。
さらには、『スポーツ活動を通じて心身の鍛錬及び相互の親善を深めることにより、次世代を担う心豊かな青少年を育成する』との趣旨に賛同し、厚木市少年少女球技大会における上位チームへの記念メダルを提供させていただきました。また、厚木市と厚木市自主防災隊連絡協議会の共催により例年開催されている市民防災研修会に協賛し、防災意識の高揚と防災知識の習得のため役立てていただきました。
 以上の活動などにより、建設産業振興並びに建設業を通じて得た知見を地域社会に還元するための社会貢献事業に向けて取り組んで参りました。
posted by ACA at 10:20| 事業報告

2014年03月31日

平成25年度事業報告

 平成25年度の日本経済は、一貫した金融政策による上場企業の株高と為替相場の円安傾向に支えられ、海外展開を図る企業にとり、好業績をあげる原動力となりました。国内経済については、消費増税を見越した前倒し支出をベースとしながら、老朽化対策や国土強靭化に向けた着実な公共事業の推進による景気押上効果が大きかったものと考えられております。
 厚木市においては、旧パルコ跡地に、名前も新たにアミューあつぎの平成26年4月オープンに向けた整備工事が急ピッチで進められました。また、小田急線本厚木駅東口の再整備や南口バス停留所の拡大なども進み、本厚木駅周辺の機能向上が図られようとしております。住民や地域内の事業者・通勤者の利便性と、将来の人口動態と財政の動向を見据えて、身の丈にマッチしたまちの整備が進められているものと考えられます。
 このような状況のもと、平成25年度において、当協会では、発注者・受注者双方にとって公共事業の推進を円滑化するため、機会を捉えて懇談の場を設けてまいりました。また、公共事業に取り組む事業者の果たす役割を改めて確認頂くため、厚木市議会議員の先生方との懇談を行い、あるべき公共事業の姿を模索するよう努めました。
 なお、平成25年度においては、異常事態ともいうべき強力な台風や尋常ならざる大雪に襲われました。天気予報等により予見はされていたものの、通常の風雪の延長上にない、圧倒的な降雨・降雪量に翻弄され、行政との連絡・協力体制がほとんど機能しなかったことから、新たな形で『地震等の災害応急活動に関する協定書』を運用すべきとの課題が明らかとなりました。
 その他、『相模川クリーンキャンペーン』や『早朝清掃』などの清掃活動に参加するほか、本厚木駅北口広場のガム剥がしを行うなど、ボランティアによる美化活動に取り組みました。
また、『地域巡回パトロール』では、市内の道路・河川・水路等、補修の必要な箇所や危険な箇所を調査し、厚木市に70箇所の提案を致しました。
さらには、変化する厚木の風景を記憶にとどめ、未来の厚木にも思いをはせてもらい、自由な発想で子どもたちに作品を描いてもらうことを目的に『建設絵画コンクール』を開催し、優秀作品を表彰するとともに、作品を題材としたカレンダーを作成し、まちづくりや建設事業に対する理解を得るべく取り組みました。
 以上の活動などにより、建設産業振興並びに建設業を通じて得た知見を地域社会に還元するための社会貢献事業に向けて取り組んで参りました。
posted by ACA at 10:19| 事業報告

2013年03月31日

平成24年度事業報告

 長年にわたり公共事業費の一貫した削減傾向が続き、建設業界は厳しい受注競争に翻弄されました。日本経済の成長期からバブル期にかけて建設された土木・建築施設は老朽化が進行しています。東日本大震災や笹子トンネル天井板崩落事故の発生もあいまって、人口動態に即した施設の統廃合・用途変更等も視野に入れ、災害に強い施設の建設と適切な維持管理を計画・履行できる体制を作ることが重要な課題となっています。また、まちづくりにおける『商業施設を誘致し、市域外からの集客により活性化を図る』手法は、多くの地域で模倣されています。このことから、今後は、居住者や市域内の事業者の利便性を第一に考えたまちづくり手法の確立が求められつつあるものと考えられます。
 このような建設業をとりまく社会情勢の中、平成24年度において、当協会では、公共事業における会員の事業執行を支援するため、厚木市との意見交換・懇談の場を設け、積極的に提言を行いました。また、公契約条例の制定を前に、厚木市議会議員の方々との意見交換を行うほか、行政が設置した委員会へ委員を派遣し、適切な制度設計としていただくべく、建設業界の立場から意見をお伝えしました。
 また、厚木市と締結している『地震等の災害応急活動に関する協定書』を確実に履行するため、災害復旧活動の協力体制を確認するべく、厚木市総合防災訓練にも参加致しました。
 その他にも、『相模川クリーンキャンペーン』にボランティアで参加。『あつぎ鮎まつり』や『あつぎ国際大道芸まち元気物産フェア』において、当協会の活動について市民に直接PRし、公共事業に協力する建設業界への理解を得るべく努力しました。
 さらに、『地域巡回パトロール』では、市内の道路・河川・水路等、補修の必要な箇所や危険な箇所を調査し、厚木市に100箇所の提案を致しました。
 以上の活動により、『公共工事を通じた公共の福祉増進に寄与する』との当協会の目的達成に向けて取り組みました。
 なお、平成25年3月18日に神奈川県知事より一般社団法人への移行認可を受け、社団法人としての幕を閉じ、平成25年4月1日から『一般社団法人厚木市建設業協会』として新たな歴史を刻むこととなりました。
 これまで、お世話になりました関係者の皆様、会員の皆様には心より感謝申し上げますとともに、新法人となりましてからの活動に対しましても引き続きご理解ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。
posted by ACA at 10:56| 事業報告

2012年03月31日

平成23年度事業報告

 平成23年度は、長年にわたる公共事業費の縮減と受注競争の激化等、依然として厳しい経営環境であった。
そうした中会員の円滑な業務遂行のため、適宜、厚木市と意見交換や懇談会の場を設け、積極的に提言を行っており、今後も継続的に実施する考えである。
 当協会では、厚木市と締結している「地震等の災害応急活動に関する協定書」に基づく災害活動の協力体制を整えており、一号配備会員の任命や緊急連絡網の運用訓練さらには、厚木市総合防災訓練への参加を通じて、厚木市民の社会生活をより一層安全・安心・快適なものにするために取り組んだ。
 また、相模川クリーンキャンペーンへの協力や路上喫煙・ポイ捨て禁止啓発活動の実施等、ボランティア活動に取り組んだほか、あつぎ鮎まつりやあつぎ国際大道芸まち元気物産フェア等の厚木市の催物に積極的に参加し、市民とのふれあいの中で、当協会の活動についてPRし、建設業界や公共事業に対する理解を得られるよう努力した。
 さらに、12回目の会員による市内の道路・河川・水路等の危険箇所を調査する「地域巡回パトロール」では、79箇所を調査し、厚木市に結果を報告した。
 以上の活動により、公共工事を通じて公共の福祉増進に寄与する、との当協会の目的達成に向けて取り組んだ。
posted by ACA at 10:17| 事業報告

2011年03月31日

平成22年度事業報告

 平成22年度は、長年にわたる公共事業費の縮減と受注競争の激化等、依然として厳しい経営環境であった。
 そうした中会員の円滑な業務遂行のため、適宜、厚木市と意見交換や懇談会の場を設け、積極的に提言を行っており、今後も継続的に実施する考えである。
 当協会では、厚木市と締結している「地震等の災害応急活動に関する協定書」に基づく災害活動の協力体制を整えており、一号配備会員の任命や緊急連絡網の運用訓練さらには、厚木市総合防災訓練への参加を通じて、厚木市民の社会生活をより一層安全・安心・快適なものにするために取り組んだ。特に、3月に起きた東北地方太平洋沖地震では一号配備会員に待機を要請し、厚木市からの指示に備えた。
 また、相模川クリーンキャンペーンへの協力やあつぎつつじの丘公園の除草作業の実施等、ボランティア活動に取り組んだほか、あつぎ鮎まつりやあつぎ国際大道芸まち元気物産フェア等の厚木市の催物に積極的に参加し、市民とのふれあいの中で、当協会の活動についてPRし、建設業界や公共事業に対する理解を得られるよう努力した。
 さらに、11回目の会員による市内の道路・河川・水路等の危険箇所を調査する「地域巡回パトロール」では、62箇所を調査し、厚木市に結果を報告した。
 以上の活動により、公共工事を通じて公共の福祉増進に寄与する、との当協会の目的達成に向けて取り組んだ。
posted by ACA at 10:16| 事業報告

2010年03月31日

平成21年度事業報告

平成21年度事業報告

 平成21年度は、9月の政権交代により「コンクリートから人へ」のスローガンの下に編成された公共事業費の縮減と受注競争の激化等、依然として厳しい経営環境であった。
そうした中会員の円滑な業務遂行のため、適宜、厚木市と意見交換や懇談会の場を設け、積極的に提言を行っており、今後も継続的に実施する考えである。
当協会では、厚木市と締結している「地震等の災害応急活動に関する協定書」に基づく災害活動の協力体制を整えており、一号配備会員の任命や緊急連絡網の運用訓練さらには、厚木市総合防災訓練への参加を通じて、厚木市民の社会生活をより一層安全・安心・快適なものにするために取り組んだ。特に、台風18号の接近に伴い一号配備会員に待機を要請し、厚木市からの指示に備えた。
また、相模川クリーンキャンペーンへの協力やあつぎつつじの丘公園の除草作業の実施等、ボランティア活動に取り組んだほか、あつぎ鮎まつりやあつぎ国際大道芸まち元気物産フェア等の厚木市の催物に積極的に参加し、市民とのふれあいの中で、当協会の活動についてPRし、建設業界や公共事業に対する理解を得られるよう努力した。
さらに、10回を数えた会員による市内の河川・水路等の危険箇所を調査する「地域巡回パトロール」では、61箇所を調査し、厚木市に結果を報告した。
 以上の活動により、公共工事を通じて公共の福祉増進に寄与する、との当協会の目的達成に向けて取り組んだ。
posted by ACA at 10:15| 事業報告

2009年03月31日

平成20年度事業報告

平成20年度事業報告

 平成20年度は、国や地方自治体の財政が厳しい状況が続いたことから、公共事業については依然として縮減傾向が続き、改正建築基準法の施行による建築確認の厳格化の影響や原油をはじめ原材料の高騰などこれまで以上に厳しい経営環境であった。
 厚木市では、条件付一般競争入札を基本とする電子入札が導入されて、3年目を迎え、総合評価方式の施行や最低制限価格の公表など入札方法にも大きな変化が表れた。そうした中当協会では、会員及び建設業界として、円滑に業務が遂行されるために、適宜、厚木市と意見交換や懇談会の場を設け、積極的に提言を行っており、今後も継続的に実施する考えである。
 当協会では、厚木市と締結している「地震等の災害応急活動に関する協定書」に基づく災害活動の協力体制を整えており、一号配備会員の任命や緊急連絡網の運用訓練さらには、厚木市総合防災訓練への参加を通じて、厚木市民の社会生活をより一層安全・安心・快適なものにするために取り組んだ。特に台風13号の通過にあたり、一号配備会員の待機を要請し、厚木市からの指示に備えた。
 また、相模川クリーンキャンペーンへの協力やあつぎつつじの丘公園の除草作業の実施等、ボランティア活動に取り組んだほか、あつぎ鮎まつりやあつぎにぎわい爆発フェスティバル等の厚木市の催物に積極的に参加し、市民とのふれあいの中で、当協会の活動についてPRし、建設業界や公共事業に対する理解を得られるよう努力した。
 また、20年度は当協会が法人化30周年を迎えた大きな節目の年であり、7月には記念式典を開催、記念事業として厚木市内の6保育所の砂場の補修やウッドハウス・丸太のぼりの新設をはじめ、「記念誌の発行」「特別講演会」「建設・建築作品コンクール」等を行った。
 以上の活動により、公共工事を通じて公共の福祉増進に寄与する、との当協会の目的達成に向けて取り組んだ。
posted by ACA at 10:14| 事業報告

2008年03月31日

平成19年度事業報告

平成19年度事業報告について


 平成19年度は、国内総生産の実質成長率1.3%程度になると見込まれているものの、建設業界においては、国や地方自治体の財政が厳しいことから、公共事業については依然として削減傾向が続き、原油をはじめ原材料の高騰により厳しい経営環境であった。
 厚木市では、条件付一般競争入札を基本とする電子入札が導入されて、2年目を迎え、昨年の12月には予定価格の事前公表が試行された。当協会では、会員及び建設業界として、円滑に業務が遂行されるために、適宜、厚木市と意見交換や懇談会の場を設け、積極的に提言を行っており、今後も継続的に実施する考えである。
 当協会では、厚木市と締結している「地震等の災害応急活動に関する協定書」に基づく災害活動の協力体制を整えており、一号配備会員の任命や緊急連絡網の運用訓練を通じて、厚木市民の社会生活を、より一層安全・安心・快適なものにするために取り組んだ。特に台風9号の通過にあたり、一号配備会員の待機を要請し、厚木市からの指示に備えた。
 また、相模川クリーンキャンペーンへの協力やあつぎつつじの丘公園の除草作業の実施等、ボランティア活動に取り組んだほか、あつぎ鮎まつりやあつぎ商観技能まつり等の、厚木市の催物に積極的に参加し、市民とのふれあいの中で、当協会の活動についてPRし、建設業界や公共事業に対する理解を得られるよう努力した。
 平成20年度の法人化30周年を前に、ガールスカウトや子ども会の活動を助成するほか、明日を担う子どもたちや市民を対象とする、社会貢献に向けた30周年記念事業について、実行委員会を設置し、準備・検討を進めている。
 以上の活動により、公共工事を通じて公共の福祉増進に寄与する、との当協会の目的達成に向けて取り組んだ。
posted by ACA at 10:13| 事業報告

2007年03月31日

平成18年度事業報告

平成18年度事業報告

 昨年の我が国の経済は、景気の拡大が戦後最長を記録するなど、経済指標が高い上昇を見せた。しかし建設業界においては、国や地方自治体の財政が厳しいことから、公共事業については依然として削減傾向が続いており、厳しい経営環境であった。
 こうした中、平成18年度においては、厚木市で条件付一般競争入札を基本とする電子入札が導入され、それにともない入札契約制度が改正された。当協会では、会員の円滑な業務遂行のため、厚木市と意見交換会や懇談会の場を設け、積極的に提言を行ってきた。今後も随時、厚木市との意見交換等を行っていきたい。
 当協会では、厚木市と締結している「地震等の災害応急活動に関する協定書」に基づき、厚木市と防災活動における協力体制をとっている。本年度は、協定機関・団体として厚木市防災総合訓練に参加し、地震発生を想定した応急活動訓練を行った。厚木市民の社会生活をより一層安全・安心・快適なものとするために、今後も積極的に防災活動における協力体制を整えていきたい。
 また、ツツジ植栽事業、あつぎまちづくりフェアー、あつぎ商観技能まつり等、厚木市の行事に積極的に参加協力を行った。市民との直接のふれ合いの中で、協会の活動についてPRし、協会活動や建設業界に対する理解を得られるよう努力した。
 以上の活動により公共工事を通じて公共の福祉増進に寄与するとの当協会の目的達成に向けて取り組んだ。
posted by ACA at 10:12| 事業報告

2006年03月31日

平成17年度事業報告

平成17年度事業報告について

 昨年の我が国の経済は、一部大企業等において明るさを取り戻し、景気が回復しているとの報道もなされるようになり、各種の経済指標が軒並み上昇を見せるようになった。
 建設業界においては民間の受注が増加傾向にあるものの、国や地方自治体の財政が厳しいことから、公共事業については依然として削減傾向が続いており厳しい経営環境であった。また、公共工事の品質確保の促進に関する法律の施行や独占禁止法の改正など、建設業界として意識改革を図ることが求められる1年となった。
 こうしたなか、平成17年度において当協会では、市制50周年を迎え、新たな50年の創造に向けて一歩を踏み出した厚木市の各種記念事業に積極的に協力した。
 また、厚木市民の社会生活をより一層安全・安心・快適なものとするために、防災活動における協力体制を整え、「地震等の災害応急活動に関する協定書」を厚木市と改めて締結した。そして平成18年4月1日の電子入札の導入に向けて、厚木市との意見交換や懇談の場を積極的に設け、相互に意思疎通を図るなかで、厚木市内に本店を有する業者にとって有利な入札・契約制度が実現されたほか、会員に対する情報の周知や講習会・研修会の開催により、新しい入札・契約制度の円滑な導入が図られるよう努めた。また、当協会の活動について、市民にPRすることで、協会活動や建設業界に対する理解を得られるよう努力した。
 以上の活動により公共工事を通じて公共の福祉増進に寄与するとの当協会の目的達成に向けて取り組んだ。
posted by ACA at 10:11| 事業報告