2015年09月02日

H27.08.30 ビッグレスキューかながわで道路啓開訓練を行いました!

神奈川県が県下の自治体と合同で実施するビッグレスキューかながわ。


平成27年度は厚木市との合同となり、神奈川県総合防災センター、荻野運動公園、ぼうさいの丘公園の3会場での開催となりました。


小雨の降る8月30日、日曜日にもかかわらず、厚木市建設業協会、神奈川県建設業協会県央支部の会員は、7時15分に協会事務所へ集合、事前の打ち合わせを行った後、道路啓開訓練の会場となる、荻野運動公園へ移動。


ダンプの搬入等で直行したメンバーや訓練状況を確認するために集合した会員とも合流。参加者は31名となりました。


訓練開始前の時間を利用し、車両及び人員の配置や作業手順を確認。訓練開始を待ちます。


9時ちょうどにシェイクアウト訓練のアナウンスが流れます。地震発生を想定し、会場にいる全員が安全確保行動を取り終えると同時に、訓練が開始されました。


荻野運動公園では、次の訓練がつぎつぎと手際よく行われました。


・情報収集伝達訓練
・自主防災組織による訓練
・多重衝突現場における救出救助訓練
・道路啓開訓練
・土砂災害現場における救出救助訓練


厚木市建設業協会と神奈川県建設業協会県央支部は「道路啓開訓練」を実施しました。


県道及び市内にがれき(に見立てた木材)があるため、現場に急行し、撤去をする訓練です。


県道については、
IMG_1040.jpg
厚木土木事務所のパトロールカーを先頭に、


IMG_1045.jpg
チガサキレンタル活ノ勢原営業所(出口所長)さんご協賛のグラップル、


IMG_1048.jpg
会員の葛g次土木さんのダンプ


IMG_1050.jpg
会員の愛甲建設鰍ウんの軽バンが対応のため、急行します。


市内を想定した箇所については、


IMG_1052.jpg
厚木市の道路補修事務所のパトロールカーを先頭に、


IMG_1055.jpg
チガサキレンタル活ノ勢原営業所さんご協賛(2台目!感謝!!)のグラップル、


IMG_1057.jpg
会員の椛齡園さんのダンプ、


IMG_1059.jpg
会員の若林建設鰍ウんの軽バンが現場へ急行しました。


各現場とも行政と協会会員が整列し、行政からの指示を受け、会員が即座に撤去作業を開始します。
IMG_1074.jpgIMG_1075.jpg

グラップルでがれき(に見立てた材木)をつかみ、ダンプにのせます。


ダンプ上ではがれきを積みやすいように荷台を整理、


地上でもグラップルががれきをつかみやすいように、がれきを動かします。


がれきでケガをしないよう、細心の注意を払うとともに、
グラップルの動作に周囲の人が巻き込まれないよう、誘導員が回転範囲に目を光らせます。


また、厚木市建設業協会は黄色のベスト、
県央支部は今回、協会本部の協力により新たに作成した青色のベストを着用。
災害時に迅速に協力する、地域の建設業団体の存在感をアピールしました。


当初、9時40分入場、58分退場を予定していましたが、50分頃には作業を完了し、その後、すみやかに退場することが出来ました。


IMG_1079.jpg
終了後、参加者全員で集合写真を撮影しました。


当日、県副知事さんが最後まで訓練の様子をご覧頂いた中で、
建設業協会の訓練状況について、
「手際よく対応してもらっている」旨、
県土整備局長さんにお声がけを頂いたとの後日談を、
厚木土木事務所よりお聞きしました!

地震災害はいつ起こるか予測することは難しいです。

ですが、備えることはできます。

私たち、建設業団体も、重機の保有や人員の確保、連絡体制の整備などを通じて、
日頃から万が一の事態に備えていきたいと思います。

今回の訓練を糧に、今後も取り組みを充実していきます!
posted by ACA at 17:04| 災害対策活動